女性専門ピラティススタジオ

ブログ

2018.05.07

パーソナルトレーニングやピラティスに最適な時間帯

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

「運動はいつおこなうのがいいんですか?」

「いつ運動したら効果が上がりますか?」

といった質問をよく受けます。

 

24時間営業、無休のスポーツクラブが増え、早朝から営業しているパーソナルトレーニング施設も増えてきました。

以前よりトレーニング時間の選択の幅は広くなってきており、せっかくやるのであれば効果が上がる時間帯でおこないたい、と思う方も多いのではないかと思います。

 

実際、トレーニングに適している時間帯はあります。

もちろん個人差はありますが、午前中と16〜18時頃と言われています。

この時間帯におこなうことによって、

・脂肪分解、燃焼効果が高まる

・より力が出るので、重いものが持ち上げられる

・集中力が高まる

などにより、効果が上がると言われています。

 

理由としては、自律神経の働きが関係しています。

自律神経の交感神経が優位になることによって、カラダが覚醒し活動的になるので、運動しやすい状態に持っていってくれます。

 

しかし、ここで勘違いしないでほしいのですが、これはあえて言えばの話です。

アスリートなど、トレーニングの質が本業に関係したり、限界までカラダを追い込むのであれば、時間帯まで気をつけておこなう必要はあると思います。

 

それよりも大切なことは、自分の生活パターンに合った時間にトレーニングをすることです。

今までたくさんの方を指導してきましたが、時間帯でトレーニングの成果に差が出たことはありません。

午前中が良いからといって、休みの日に眠いのにトレーニングをしても逆に効果は下がります。

逆にお昼休憩が長いので、ランチを軽めにして、少し時間が経ってから14〜15時頃にトレーニングというのも悪くないです。

当スタジオでもこのようなリズムでトレーニングをされているお客様がいますが、しっかりと効果を出されています。

やはり、自分の生活パターンにうまく取り入れている方ほど成果が出ているように感じます。

 

ただし、

・起床直後

・激しい空腹時

・満腹時

・睡眠前

は避けたほうがいいです。

最近、食後すぐに運動した方がダイエットには良いとも言われていますが、食べた物や量、運動強度によるので何とも言えません。

 

朝にトレーニング、昼にトレーニング、夜にトレーニング、仕事が終わってから、休みの日・・・。

最適な時間帯は人それぞれ、いつでもいいんです。

自分に合った時間帯を見つけて、トレーニングを習慣化することが何よりも大切です。

ページトップへ