女性専門ピラティススタジオ

ブログ

2018.08.30

ピラティス研修 in アメリカ・ピッツバーグ その2

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

今回の研修は、今年できたばかりの新しいスタジオで行われました。

 

1階がプライベートレッスンのフロア。

 

2階と3階がグループレッスンのフロアです。

クリニックでもあるので、その他に治療部屋がありました。

 

1、2日目はタワー、キャデラックというマシンのコースを受講しました。

当スタジオにも置いてあるタワー。

 

このコースは6年前も受講したのですが、その時は1日のみでした。

今回は改定されたばかりのテキストで、内容がかなり濃くなっていました。

 

左に写っているのが、PHIピラティスの創始者Dr.Christineです。

世界中でピラティスインストラクターの養成やセミナーの講師をしており、ピラティス界トップインストラクターの一人です。

大学教授をしていることもあり、カラダに関するさまざまなことも研究しています(ちなみにご主人も大学教授で研究者です)。

 

6年前からマシンの形が変わったわけではないですが、長年の経験と研究から導き出された最新のエクササイズでのカラダの変化は驚きの連続でした。

やはりマシンの良さを最大限に活かせるかは指導者次第。

そう改めて実感した最初の2日間でした。

ページトップへ