女性専門ピラティススタジオ

ブログ

2016.10.21

失敗しないパーソナルトレーナーの選び方

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

「痩せたい」「姿勢を良くしたい」「腰痛を治したい」

パーソナルトレーニングを受ける目的は様々ですが、受けるからには

「自分に合ったより良いパーソナルトレーナーに指導してもらいたい!」

と思い、パーソナルトレーニングの施設、トレーナーを探していると思います。

 

パーソナルトレーナーは資格や経験がなくても、誰でもすぐにパーソナルトレーナーとして活動することができます。

僕が外部トレーナーとして活動していた施設でも、たった数日間の社内研修だけでパーソナルトレーナーとして活動しているトレーナーをたくさん見てきました。

しかし、資格や経験があったからといって優秀なトレーナーかどうか、あなたに合った指導をしてもらえるとも限りません。

 

せっかく貴重なお金と時間を割いて、大切なカラダを預けるからにはトレーナー選びに失敗したくはありませんよね。

失敗しないパーソナルトレーナーの選び方はたくさんありますが、ここでは僕が思う選び方の中でも大事なことの一つをお伝えします。

 

それは、あなたの目的を叶えてくれるトレーニングをトレーナー自身が実際に実践していて、カラダがきちんと作られているかどうかです。

 

「痩せるためのトレーニングを指導するトレーナーが太っている」

「姿勢を良くするためのトレーニングを指導するトレーナーの姿勢が悪い」

「腰痛を改善したいのにトレーナーが腰痛持ち」

そのようなトレーナーに説得力はあるでしょうか?

 

「そんなトレーナーいるの?」と思う方もいるかもしれませんが、残念ながら実際にそのようなトレーナーをたくさん見てきました。

あくまでも僕の考えですが、自分が実践していないトレーニングを他人に指導することができるとは思えませんし、自分自身のカラダを変えることができていないのに他人のカラダを変えることができるとも思えません。

 

トレーニングだけではなく、食生活や日々の習慣も同じです。

人々の健康に携わる立場のトレーナーが、暴飲暴食をしている、タバコを吸っているなど、トレーナーとして失格だと考えています。

 

パーソナルトレーニングの施設はたくさんありますし、そのほとんどが無料カウンセリングや体験トレーニングを受け付けています。

最初に行ったところに決める必要なんてありません。

できるだけたくさんの施設でカウンセリングや体験トレーニングを受けることをオススメします。

実際に入会して、トレーニングを始めてから上記のようなトレーナーだと気付いたなら、遠慮することなくトレーナーを変えたほういいでしょう。

それで、もし何度も勧誘、引き止めしてくるトレーナーだったら尚更止めておいたほうがいいです。

 

私の施設ではカウンセリングや体験を来られた方には必ず「他の施設も体験してきてください」とお伝えしています。

「本当にここでいいのか」「このトレーナーでよかったのか」という気持ちが残ったままでは、お互い幸せになれないと考えているからです。

もちろん一度来たからといって無理に勧誘することはありません。

 

カラダを変えられるかどうかは、施設が充実しているかどうかより「トレーナーの質」のほうが大切です。

施設が良くても「トレーナーの質」が悪ければ効果が出ることもないでしょう。

今回の内容を参考にして、より良いパーソナルトレーナーを見つけていただければと思います。

ページトップへ