女性専門ピラティススタジオ

ブログ

2018.06.11

基準がしっかりしていればお酒も甘い物も問題ない

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

パーソナルトレーニングでの食事指導って、すごくきついように思われている方も多いのではないでしょうか。

きついと感じるかはその方の現在の食生活によりますので、食生活が乱れている方にとってはきついと感じると思いますし、元から食生活を気にされている方にとってはなんてことなかったりします。

 

ちなみに当スタジオの食事指導は、他のジムやスタジオのパーソナルトレーニングを経験したことがある方には「前より楽」とよく言われます。

そう言われる理由は、ずっと続けられる食生活の基準を作ることを大切にしているからだと思います。

その方に合った理想の食生活の基準を一緒に考えるということをします。

 

ダイエットジムでよくある、すべてのお客様に「糖質完全カット!」や「お酒禁止!」などの指導って、全員が続けられる食事ではないんですよね。

さらに完全な糖質制限はリスクもありますし、お酒を飲んでも全然問題ない方もいます。

 

トレーニングと同じで、食事もパーソナルであるべきだと思います。

「とにかく短期間でどうしても痩せたい!」という方には合っている方法かもしれませんが、糖質制限食から元の食事に戻したら高確率でリバウンドします。

どれだけ筋トレして、筋肉量増やしても絶対に無理な話です。

 

カラダが変わる方、痩せる方、そしてリバウンドしない方、食生活で共通しているのは基準がしっかりしていることです。

基準がしっかりしていれば、お酒を飲んでも、甘い物を食べても、たまには食べ放題に行っても大丈夫です。

肉体美を競う大会やコンテストに出るのであれば別ですが、毎日制限する必要なんてありません。

体重や体脂肪が減らなかったり、健康を害するような頻度や量の食事が基準になっているのが良くないだけです。

ページトップへ