女性専門ピラティススタジオ

ブログ

2016.12.10

姿勢矯正ベルトで猫背が改善できるのか?

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

先日「猫背改善に姿勢矯正ベルトって効果あるんですか?」と聞かれました。

昔からよく通販番組や雑誌でも紹介されていますし、効果があるか気になりますよね。

ネットで調べても「効果がある」や「効果がない」という情報など様々で、何が正しいのかわからなくなっているのではないかと思います。

 

実は昔フィットネスクラブで働いていた時に姿勢矯正ベルトのモニターをすることになって、一時期付けていたことがあります。

今ではたくさんの方に「姿勢良いですね」と言われる僕でも当時はあまり良い姿勢とは言えませんでした。

それもあって自らモニターに立候補したわけです。

 

初めて付けた時は驚きました。

「こんなにも胸が張れるのか」と。

モニター自体は1ヶ月程だったのですが、その後も商品は使用できたので3ヶ月以上は付けていました。

途中で付けることが面倒になりいつしか止めてしまいましたが、その結果どうなったと思いますか?

最初は少し姿勢を意識するようになりましたが、姿勢は元に戻ってしまいました。

 

今振り返れば、よくあんなものを長期間付けていたと思います。

確かに付けている時は姿勢が良くなりました。

 

僕は姿勢矯正ベルトを「姿勢を良くするためのベルト」ではなく「姿勢を良く見せるためのベルト」だと思っています。

ただ姿勢を良く見せたいだけであれば付けるのもひとつの方法です。

それが目的であれば効果的でしょう。

 

しかし、矯正的に物に頼ることは本来使わないといけない筋肉が使われなくなってしまう可能性もあります。

また、前回のブログでも書きましたが、間違った姿勢の意識は特定の関節に負担がかかり痛みの原因になることもあります。

オーダーメイドで作られたものであれば話は変わりますが、誰にでも合うものはそれを代償として起こるデメリットがあります。

 

姿勢矯正ベルトに限らず、自ら努力せずカラダを変えることはできないということです。

「楽だから」と安易に物ばかりに頼りすぎないことが大切です。

ページトップへ