トレーニングで太ももやふくらはぎの形が悪くなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

当スタジオにお越しになる方で多い悩みの一つが、

「太ももやふくらはぎの形が気になる」

という脚に関してのことです。

 

細くバランスの整った脚にするためには、余剰な体脂肪を落とすことはもちろんですが、適度に筋肉を付けることが必要です。

とにかく細いだけの脚にしたいのであれば筋トレはしなくてもいいかもしれませんが、それではガリガリで貧相な脚になってしまいます。

 

しかし、トレーニングもただやればいいというものではありません。

「スクワットを続けていたら、太ももの前側が張ってきて気になるようになった」

「脚の筋トレをしていたら、太ももやふくらはぎの形が悪くなった」

これは自己流でのトレーニングをしていた方からよく聞く悩みです。

残念なことに、パーソナルトレーニングを受けていたにも関わらず、このような悩みが出てしまった方もいられます。

 

なぜ、そのような悩みが出てしまうのか?

それは、『身体の使い方』に問題があるからです。

今までたくさんの女性の指導をしてきましたが、脚のことで悩んでいるほとんどの方にこれが当てはまります。

 

例えば、スクワットをする時に「膝がつま先より前に出ないように」「背中が丸くならないように」これだけの意識でやって(やらされて)いませんか?

重い物を持ってきついだけ、追い込むだけのトレーニングをして(させられて)いませんか?

パーソナルトレーニングを受けているのであれば、骨盤や足首などの使い方、歩き方まで指導してもらえてますか?

 

身体の使い方を改善するには、専門のトレーニングが必要です。

それを見極められるトレーナーの知識が必要です。

負荷を掛けて追い込むだけで改善するものではありません。

 

もし結果が出ていないのであれば、それが本当に正解か、自分に合っているか疑わないといけません。

女性と男性の身体は違います。

鍛え方も違います。

 

最近またこのような相談が多くなってきています。

あなたの目的に合った専門のパーソナルトレーナーに出会えることを願っています。

→ビフォートのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る