失敗しないピラティススタジオの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

僕は「ピラティスがすべてのエクササイズの中で一番」「ピラティスだけやれば、カラダは変わる」とは思っていません。

しかし、ピラティスを+αとして取り入れることで、カラダはもっと変えることができると思っています。

 

「ピラティスを始めたけど、難しくてよくわからなかった」

「ただ単にきついだけで、カラダが何も変わらなかった」

実際にピラティスを体験したことがある方によくある感想です。

 

「ピラティスは自分に合わなかった…」と、ピラティスの良さや凄さを体験することなく辞めてしまうのは本当にもったいないです。

そこで、今回は「ピラティスが初めて」という方はもちろん、「もう一度ピラティスを始めたい」という方に向けて、『失敗しないピラティススタジオの選び方』をお伝えします。

 

まずは、パーソナルトレーニング の時と同じく、下記の2点は絶対です。

①自分の目的に合ったことを専門としているスタジオ・ジム、トレーナーを探す

②その中からできるだけたくさんの施設へ実際に体験トレーニングを受けに行く

 

上記と合わせて、ピラティススタジオを選ぶ際に確認してほしいのが、

・ピラティスのマンツーマンレッスンが可能か

・ピラティスマシンが置いてあるか

 

ピラティスの良さがわからなかった方の話を聞いていると、

「グループレッスンしかやったことがない」

「マットピラティスしかやったことがない」

どちらかに当てはまることが多いです。

 

ピラティスはある姿勢を維持しながら動くのですが、グループレッスンだと間違っていても細かい動きの修正を一人ひとりするのには限界があります。

「できない人は手(足)を下ろして~」とか、「動きを小さく~」ぐらいの修正はできますが、「ここの関節の動きが小さいから、別の種目で動きを引き出しましょう」とか、「この器具(手技)を使いましょう」なんてできません。

ちなみにグループレッスンを受けられるのは、最低1回のマンツーマンレッスンを受けてからというスタジオもあります。

僕が研修を受けていたアメリカのピラティススタジオも先にマンツーマンで受ける必要がありました。

最初からグループレッスンでピラティス始めることはそれほど難しいということです。

 

さらにマットピラティスだと左右の動きの癖の違いに気付きにくかったり、どこに効いているか(どこの筋肉を使っているか)わからなかったりします。

こちらはピラティスマシンを代表する『リフォーマー』です。

マシンの種類が多いに越したことはありませんが、最低でもこちらのマシンがあるところを選ぶことをオススメします。

マットピラティスしかやったことがない方がこのマシンを使うと、今までわからなかった自分の動きの癖に気付くことができたり、効き方の違いに驚きます。

 

今回は『失敗しないピラティススタジオの選び方』として二つお伝えしました。

しかし、「マンツーマンレッスンを受けたほうが良い」「ピラティスマシンがあったほうが良い」といっても、やはりトレーナーの知識、技術があってこその話ですし、担当するトレーナーの専門分野が自分の目的に合うか、そして相性が最終的に大切だと思います。

新しいエクササイズが生まれてはすぐに消える中で、ピラティスは誕生して約100年経っていても世界中で実践されています。

一人でも多くの方にこの素晴らしいエクササイズの本当の良さを知っていただければ嬉しいです。

→ビフォートのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る