意思は継続することにより鍛えることができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

1月、2月もたくさんの方のカウンセリングを担当させていただきました。

「意思が弱くて、今まで何をやっても続かなかった」

「意思が弱くて、食べ過ぎとわかっていても我慢できなかった」

カウンセリングを担当していると『意志が弱い』ということをよくお聞きします。

 

話を聞いていると「意志の弱さは、生まれつきのもの」と思い、無理に努力や我慢をしても無駄だとも考えていた方もいるように感じます。

いいえ、決して無駄ではありません。

それは意志の力の正体がみなさんの思われているようなものではないからです。

 

まず、意志の強さや弱さは「誰かにはあり、誰かにはない」というものではありません。

確かに元々優れている方もいますが、誰でも自分自身をコントロールすることができるのです。

 

私が長年指導しているお客様も最初は運動を続けることや食事を変えることへの不安を感じていた方がほとんどでした。

しかし、今では運動をすることが日常生活になくてはならないものとなり、誘惑に負け太るような食事をするようなこともなくなっています。

意思は継続することにより鍛えることができるのです。

 

必要なのは、本当に効果的なものは何かという知識、行動への意欲を持ち、それを実行することです。

知識はパーソナルトレーナーにお任せください。

行動、そして実行さえすれば、理想のカラダを手に入れることは難しいことではありません。

→ビフォートのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す