良い器具を使うだけではカラダを変えることはできない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

先週末の3日間は東京に研修へ行ってきました。

今回受講してきたのはこちらのダヴィンチボディボードのマスターコース。

昨年アメリカから日本に上陸し、最近ではメディアに取り上げられる機会が多い大注目の器具です。

アメリカ・バーモント州で最初のピラティススタジオを開いたFloery Mahoneyが長年のピラティス経験から、ピラティスでは足りない部分を補うことができ、なおかつカラダへの負担を少なくして鍛えることができる器具を探求している中で開発しました。

まさしくビフォートのコンセプトに合致し、求めている器具でした。

ビフォートにもいつ導入しようか検討していたのですが、この度東京で最高峰資格であるマスタートレーナーの研修の開催が決まり参加してきました。

 

やはりその器具を使ってお客様に指導するからには、現在受講できる最高レベルの研修に参加するべきだと個人的には思っています。

良い器具があっても開発者の考え方や想い、その器具の特徴を理解していないと器具の本当の良さを活かすことができなくなってしまいます。

教わったことをそのまま真似をして指導する必要はないと思いますが、そういったことを知っているか、知っていないかで急なお客様のカラダの変化にも対応でき、指導の幅も広がると考えています。

 

早速月曜日から必要な方には使用していますが、

「今までのトレーニングとお尻の効き方が違う」

「二の腕がこんなに効いたのは初めて」

など、さまざまな声をいただいています。

 

この度兵庫県初のマスタートレーナーになり、神戸でダヴィンチボディボードを導入している初めての施設になりました。

ビフォートにはたくさんのピラティスマシンが置いてありますが、ピラティスマシンだけではできることに限界があります。

以前からピラティスマシン以外の器具を使って指導をしていましたが、今回のダヴィンチボディボードの導入により、より女性らしいカラダ作りのためのトレーニングを実施することが可能になりました。

他のパーソナルトレーニングスタジオやピラティススタジオとは一味違うトレーニングを是非体験していただければと思います。

→ビフォートのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る