栄養

結局は適切な運動と食事でカラダを変えている

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

先日、サプリメントを販売する会社に消費者庁が景品表示法違反で再発防止を求める措置命令を出したことがニュースになりました。

この販売会社が出していた広告は、

『毎日2粒摂取して14日間の使用で体重マイナス12.8キロ以上をお約束します』

というものでした。

 

残念ですが、「飲むだけ」で楽して痩せることができたり、カラダを変えられるなんてものはありません。

もし、そのようなものが存在するのであれば、サプリメントではなく薬になってしまいます。

 

今回はサプリメント会社に措置命令がありましたが、通販番組などでは「楽にカラダを変えられる」と思わせるような商品が溢れています。

昔から性能や形を変えて販売されている「貼るだけ」「乗るだけ」「巻くだけ」「履くだけ」という商品もそうです。

通販番組を見ると、「適切な運動や栄養指導も併用した結果です」「個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません」というようなことが端のほうに小さく書いてあり、その商品を使用した結果かどうかわかりません。

 

成功している方は結局適切な運動と食事でカラダを変えています。

うまく活用すればしっかりと変化や効果を出せる商品もありますが、それだけに頼ってカラダを変えようと思うのは間違いです。

 

商品だけではなく「楽して痩せられる!」「楽にカラダを変えられる!」と広告を出している、お店もたくさん存在します。

「楽々!」を求めて、そのような広告には騙されないようにしましょう。

基準がしっかりしていればお酒も甘い物も問題ない

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

パーソナルトレーニングでの食事指導って、すごくきついように思われている方も多いのではないでしょうか。

きついと感じるかはその方の現在の食生活によりますので、食生活が乱れている方にとってはきついと感じると思いますし、元から食生活を気にされている方にとってはなんてことなかったりします。

 

ちなみに当スタジオの食事指導は、他のジムやスタジオのパーソナルトレーニングを経験したことがある方には「前より楽」とよく言われます。

そう言われる理由は、ずっと続けられる食生活の基準を作ることを大切にしているからだと思います。

その方に合った理想の食生活の基準を一緒に考えるということをします。

 

ダイエットジムでよくある、すべてのお客様に「糖質完全カット!」や「お酒禁止!」などの指導って、全員が続けられる食事ではないんですよね。

さらに完全な糖質制限はリスクもありますし、お酒を飲んでも全然問題ない方もいます。

 

トレーニングと同じで、食事もパーソナルであるべきだと思います。

「とにかく短期間でどうしても痩せたい!」という方には合っている方法かもしれませんが、糖質制限食から元の食事に戻したら高確率でリバウンドします。

どれだけ筋トレして、筋肉量増やしても絶対に無理な話です。

 

カラダが変わる方、痩せる方、そしてリバウンドしない方、食生活で共通しているのは基準がしっかりしていることです。

基準がしっかりしていれば、お酒を飲んでも、甘い物を食べても、たまには食べ放題に行っても大丈夫です。

肉体美を競う大会やコンテストに出るのであれば別ですが、毎日制限する必要なんてありません。

体重や体脂肪が減らなかったり、健康を害するような頻度や量の食事が基準になっているのが良くないだけです。

どんな成分を摂っているかよりも何を食べているかが大切

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

食事はトレーニングと同じぐらい大切です。

ダイエット目的であれば、食事の重要度はより高くなります。

「トレーニングだけやっていれば、痩せることができるし、健康になれる」なんて言葉は絶対に信用できません。

どれだけ良いトレーニングをしていても、食事が乱れていれば痩せることは難しくなりますし、不健康になってしまいます。

 

万人に合う食事は存在しません。

しかし、科学的観点から、実はダイエットする上で良くない食べ物、特定の疾患のリスクを高める食べ物、健康に良さそうであまり意味がない(逆にカラダに悪い)食べ物など、存在します。

その食べ物が好きで食べているのであれば良いのですが、「ダイエットに良い」「健康に良い」と思って好きでない食べ物を食べるのは本当に勿体ないことです。

 

こういうことについて書き出すとキリがありませんが、知っておいてもらいたいことがあります。

それは「どんな成分を摂っているかではなく、何を食べているか」を考えること。

成分が同じだからといって、カラダにとって同じではありません。

 

例えば、野菜(果物)ジュース。

「1日分の野菜が取れる」

「1日分のビタミンが取れる」

とパッケージに書いてあるものです。

 

先日、あるタレントの密着番組があったのですが、『普段野菜が食べれていないので、健康のために飲んでいます』と食事の時に市販の野菜(果物)ジュースを飲んでいました。

上にも書きましたが、味が好きで飲んでいるのであれば問題ないと思います。

しかし『健康のため』というのであれば、話は変わってきます。

それは、野菜と野菜ジュースは全くの別物だからです。

 

野菜は健康に良いです。

しっかりと食べるべき食品というのは間違いないでしょう。

反対に野菜ジュースは健康に良いという確かな研究結果がありません。

果物ジュースとなると、糖尿病リスクを高めると言われています。

野菜の栄養素を野菜ジュースで補うこと、果物の栄養素を果物ジュースで補うことはできません。

それぞれ別の食品だからです。

 

これは加工されていないものと加工されているもの、という違いではありません。

糖質を考える時も白米やパン、うどんやそば、そして果物を同じ糖質として捉えないことが大切です。

最近、糖質制限ブームの影響か『糖質〇〇g』と大きく表記されることが増えてきましたが、少ないからといってダイエットや健康に良いとは限りません。

同じ糖質量でもその食品によって、カラダに与える影響は違うからです。

タンパク質、脂質なども同じです。

 

食べていないのに痩せない、という方はこういうことが原因の一つだったりします。

どの食品も食べ過ぎは良くないですが、糖質だって完全に制限する必要もないんです。

きちんと食品で選べば、お腹も満足し、ストレスなく自然と体重も落ちていきます。

もし、食事に気を付けているのにカラダが変わらないのであれば、食べている物が間違っているかもしれません。

プロテインなどのサプリメント類を摂取する前に

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

スポーツクラブやスポーツショップに行くと、たくさんのサプリメントが並んでいます。

その中でもプロテインはトレーニングをしている方には人気のある商品の一つ。

 

昔は「プロテイン=不味い」というイメージがありました。

チョコやストロベリーなどの味付きのものもありましたが、それでも粉っぽさが気になったり、不味くて飲めない方もいたかと思います。

しかし、今はプロテインの種類も増え、以前ほどの粉っぽさもなくなったり、年々おいしくなってきています。

昔のプロテインしか飲んだことがない方が今のプロテインを飲むと、おいしさに驚かれるかもしれません。

 

そのプロテインについて、

「前に通っていたジムで飲んだほうがいいと言われたんですけど・・・」

「勧められたことがあるんですけど、飲んだほうがいいですか?」

スポーツクラブ(特にパーソナルトレーニングジム)に通ったことがある方だと、かなり高い確率でプロテインを勧められた経験があるようです。

 

トレーニングにプロテインは必須と思っている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

確かにトレーニングをするしないに関係なく、たんぱく質は必要です。

トレーニングを始めたことで、意識して摂取量を増やそうとすることも大切です。

しかし、それをプロテインに頼りすぎるのではなく、本来であれば食事から摂取するべきです。

プロテイン以外のサプリメントも同様です。

 

プロテインなどのサプリメントを摂ることは悪いことではありません。

手軽に摂れますし、どうしても摂取が難しい場合や不足しているのであれば、選択肢の一つとしてありだと思います。

ちなみに、プロテインは腎臓に悪いと言われていますが、そんな根拠はありません(甘味料に関しては悪い報告があるので、注意が必要です)。

あと、トレーニング後30分以内に飲んだほうが良いと聞いたことがある方もいるかもしれませんが、そこまでする必要はありません。

1日の摂取量で考えるようにしましょう。

 

バランスの良い食事を心掛ければ、必要な栄養素がしっかりと摂れてたりするんです。

そうすれば、ダイエットにも効果的だったりします。

サプリメント類に頼り過ぎないように、まずは食事の見直しから始めてみませんか?

その食事はあなたに合っていますか?

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

テレビや雑誌でさまざまな食事方法が紹介されていますね。

「〇〇をプラスして食べる」

「〇〇に置き換える」

「食前に〇〇を食べる」

 

その他にも

「1日6食にして血糖値を安定させると脂肪が貯まりにくくなる」や「1日2食にして内臓の環境を整えると良い」

など…。

もう何が良いのか分からなくなりますよね。

 

それでもテレビや雑誌での効果を見て、

『これなら私でもできる!』

とチャレンジされる方もいるのではないでしょうか?

 

そもそも食事も運動と同じで誰にでも合う方法なんてありません。

腹筋ばかりしてもウエストが細くならない方もいます。

スクワットをして脚が細くなる方もいますが、太くなる方もいます。

体質はもちろんのこと、体調や起床時間、仕事の時間などが大いに関係する食事も誰にでも当てはまるということはありえないのです。

 

僕のお客様でも自己流で糖質制限ダイエットを実践していて、最初は効果があったのですがその後なかなか痩せられなかった方がいました。

その方には以前より糖質を取るようにしてもらいましたが、逆に落ちなかった体重が落ちていきました。

『こんなに食べても大丈夫なんですか?』

と最初は驚いていましたが、カラダの仕組みから考えると全然不思議なことではありません。

このような例だけではなく、テレビや雑誌で良いと言われていたことを止めてから、体重が落ち始めたということはよくあります。

 

あなたに合った食事ができていれば、結果は必ず付いてきます。

効果がなかなか出ない、リバウンドしてしまうのはカラダや生活リズムに合っていないから。

方法を間違わなければ、毎日の食事を楽しみながらカラダを変えることができるんです。