2017年 7月 の投稿一覧

【1周年】パーソナルトレーニング&ピラティススタジオ BEFORT

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

今月でBEFORTは1周年を迎えることできました。

スタジオをオープンしてからはまだ1年ですが、長い方で10年近く僕のパーソナルトレーニングを受けていただいており、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

宝塚歌劇でお馴染みの草場達也さんからも1周年のお祝いを頂きました。

また、トレーナー仲間や他のスタジオからもお祝いを頂きました。

 

この1年間でパーソナルトレーニングスタジオやピラティススタジオはかなり増えましたが、ひっそりと潰れていったスタジオもあります。

起業から1年で6~7割が倒産するというデータがある中で、多くのお問い合わせがあり、ご入会していただけたことは大変嬉しいことです。

しかし、お問い合わせが多い反面、キャンセル待ちでご案内できない曜日・時間帯があり、お客様にはご迷惑をお掛けしております。

ご予約は受付順となっておりますので、ご検討中のお客様はお早めにご連絡いただければと思います。

 

また改めてブログでも報告させていただきますが、あるピラティス団体から素晴らしい話もいただき、2年目も良いスタートを切ることできました。

施設としてはもちろんですが、今後もトレーナーとしてのレベルをより向上させ、皆様の目標達成を全力でサポートさせていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

腹筋運動だけでは「くびれ」はできない

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

「頑張って筋トレをしているのに、ポッコリお腹が気になる…」

「ずっと腹筋運動をしているのに、なかなかくびれができない…」

このような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

 

「ウエストを細くしたい!」「くびれを作りたい!」と思い、画像のような腹筋運動ばかりしている方も多いと思います。

実はこのような腹筋運動だけをどれだけ頑張っても、ポッコリお腹は解消できず「くびれ」というのは簡単にはできてくれません。

もちろん一番大切なのはお腹に限らず脂肪を減らすことですが、脂肪が減っても単純に腹筋を鍛えるだけではお腹が引っ込むというわけではないのです。

 

では、どこを鍛えればいいのか?

それはインナーユニットと呼ばれる、肺の下にある「横隔膜」・背骨にある「多裂筋」・骨盤の下にある「骨盤底筋群」・コルセットのような形状の「腹横筋」の4つです。

これらのお腹の筋肉はよく行われる腹筋運動でも使ってないわけではないのですが、うまく鍛えるには違ったトレーニングを行う必要があります。

 

ピラティスや体幹トレーニングがそれに当たります。

しかし、上記のトレーニングもただやれば良いというものでもありません。

インナーユニットは意識して使うことが非常に難しいため、専門家の指導が必要です。

また、身体に歪みがあると使いにくくもなります。

僕が歪みにこだわる理由がここにもあります。

 

「ピラティスをしたけど効果がなかった」「体幹トレーニングをしたけど効果がなかった」

というのはトレーニング自体の問題ではなく、やり方に問題があるからかもしれませんし、それよりも先にやることがあるからかもしれません。

パーソナルトレーニングを受けているのであれば、指導者の問題かもしれません。

ピラティスや体幹トレーニングを適切な方法、適切なタイミングで行えば、あなたのウエストは必ず細くなります。

 

インナーユニットだけを鍛えればウエストが細くなるように書いてしまいましたが、それだけではなくアウターの筋肉(腹直筋・腹斜筋群)も鍛える必要があります。

インナーだけ、アウターだけ鍛えても駄目ということです。

前回のブログでもお伝えしたお尻と同じで、バランス良く両方を鍛える必要があるのです。

 

もし、あなたがシックスパックと呼ばれるバキバキに割れただけのお腹を目指しているのであれば、通常の腹筋運動で鍛え続けるのもありだと思います。

あなたが手に入れたいのはどちらのウエストでしょうか?

なぜあの人のお尻は綺麗で引き締まっているのか?

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

最近巷では美尻ブームということで、テレビや雑誌でも特集が組まれるほどの人気です。

多くの女性が目指すのはただ筋肉を付けたムキムキの大きなお尻ではなく、適度な丸みのある引き締まったお尻だと思います。

では、どうすれば「綺麗で引き締まったお尻」を手に入れることができるのでしょうか?

 

それは、お尻のインナーマッスルとアウターマッスルをバランスよく使えるようにすることです。

お尻の筋肉は何層にもわたって複雑に重なり合っています。

大臀筋と呼ばれる外側にある分厚い筋肉から、中臀筋や小臀筋、その下に梨状筋、周辺に内閉鎖筋、外閉鎖筋、上双子筋、下双子筋…。

といった細かい筋肉が存在しています。

こんなにもたくさんの筋肉がお尻にはあって、さらに役割が違います。

そして、鍛え方も違います。

 

もし、あなたがお尻を引き締めたいのに同じトレーニングばかりをしているようでしたら、内容を見直す必要があるかもしれません。

このようなスクワットやマシントレーニングばかりしていませんか?

もちろんスクワットやマシントレーニングが悪いわけではありません。

大切なトレーニングの一つですが、同じトレーニングばかりしていても、美しいヒップラインを手に入れることはできません。

 

理想のお尻の形になるには、前提として歪みを整えることが大切です。

BEFORTのパーソナルトレーニングは歪みを整えバランス良くお尻を鍛えていきますので、美しいヒップラインを作ることができます。

ただ単に『お尻を鍛える=美尻』『重さが上がった=美尻』ではありません。