2016年 11月 の投稿一覧

正しい食生活と食習慣が健康的で美しいスタイルを作る

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

「栄養指導ってどういうことをしてくれるんですか?」

カウンセリングの時によく受ける質問の一つです。

 

カラダ・健康に関しての情報、特に食事・栄養に関しては様々な情報があります。

「○○に置き換えるだけ」「○○を食べるだけ」「○○はカラダに良い、悪い」

そのような情報に翻弄され、何が正しいかわからなくなってきている方もいるのではないでしょうか?

 

僕がおこなっている栄養指導はカラダの本質、仕組みに基づいたものです。

流行りに乗って「最近○○が良いみたいですよ」といった指導はしません。

そして「その方に合った」「その時に合った」アドバイスをさせていただいてます。

全てのお客様へ同じような

「糖質を制限しましょう」

「脂質はどれだけ取っても大丈夫です」

と偏ったアドバイスは一切しません。

 

カラダの状態、ライフスタイルはひとりひとり違います。

健康診断の結果もひとりひとり違いますし、その検査結果に合った食事を取る必要があるので、その状態に合ったアドバイスをします。

仕事や子育てなどの関係で理想の時間の食事が難しいのであれば、その時に合ったアドバイスをします。

 

また、ただアドバイスをするだけでなく「なぜそれが必要なのか」「なぜそうなるのか」などを説明します。

僕がトレーニング指導でも大切にしていることですが、『なぜ』を知ることでリバウンドを防ぎ、生涯にわたる健康と美しさを維持することができると考えています。

トレーニングも食事・栄養管理もトレーナーに言われたことをただ実践しているだけでは、一時的なカラダの変化になってしまう可能性があります。

 

短期間で体重を大きく落とせる食事を否定はしません。

それが必要な方もいますし、その方法が合う方もいると思います。

しかし、僕がそのような食事を推奨しアドバイスすることはありません。

僕の栄養指導は健康的で美しいスタイルを作り、その状態を維持することを第一に考えたものとなっているからです。

パーソナルトレーナーは慎重にお選びください

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

トレーナーは国家資格がないため、資格がなくても名乗ることができます。

その気になれば、誰でも未経験であっても「私はトレーナーです」と言って、活動することもできます。

だからフィットネスクラブのスタッフの求人は「未経験・無資格でも大歓迎」で出しても大丈夫なんです。

 

実際にほとんどのフィットネスクラブは主婦や学生などのアルバイトがほとんどです。

僕自身学生時代からフィットネスクラブのスタッフとして働いて、パーソナルトレーナーとしてもいくつかの施設で活動して色々見てきましたが、ジムエリアに立っているのは専門的なことをほとんど勉強したことのないアルバイトでした。

社員がジムエリアに立つことはほとんどありません。

 

ちなみに社員といっても専門知識があるとは限りません。

社員も「未経験・無資格」からの採用が多く、入社してからも専門知識の勉強は個人に任せていることがほとんどです。

もちろんきちんと勉強している社員もいますが、全くしない社員もいます。

そもそもジムエリアに立つことがないので、勉強しようとする気がなくなるのかもしれないですね。

 

「では、パーソナルトレーナーは?」

パーソナルトレーナーも無資格、未経験でもなれますので、フィットネスクラブのスタッフと同じです。

昔はきちんとトレーナーの資格を取って、ある程度経験を積んだトレーナーがなっていました。

しかし、最近はパーソナルトレーニング業界の規模が大きくなって人員確保の面からか、数日間の社内研修だけでパーソナルトレーナーとして活動している主婦、学生も少なくありません。

これはパーソナルトレーニング専門の施設でも同様です。

 

僕のお客様で以前別のトレーナーの元でパーソナルトレーニングを受けていた方がいます。

スタイル改善が目的だったのですが、重いバーベルを持ってトレーニングをさせられたところ、元々あった腰痛が悪化してしまいました。

お客様の当時の腰の状態であれば、絶対にやってはいけないことをさせていたんです。

もし、医学的知識のあるトレーナーが担当していれば、防げていたことだったと思います。

 

途中で少し話がずれましたが、トレーナーは誰でもなることができるということです。

トレーナーの仕事をしているからといって、安心してはいけません。

だからこそ、あなたのカラダの変化を大きく左右するパーソナルトレーナーは慎重に選んでいただきたいと思います。

良い器具があってもトレーナーの質で結果は変わる

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

本日は研修参加のため、終日休業とさせていただきました。

お休みをいただきありがとうございます。

 

今回、何の研修に参加していたかと言いますと、ピラティスの「バレル」コースを受講してきました。

 

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%ab

こちらの器具がバレルです。

 

僕はすでにピラティスの全コースを修了しているので、こちらの研修は初めての受講ではありません。

「また同じことを勉強しに行っているの?」と思う方もいるかもしれませんが、より良いパーソナルトレーニングを提供するためには、新しいことを学ぶだけではなく同じことを復習して知識のアップデートもしていかなければいけないと考えています。

 

ちなみにBEFORTに置いてあるピラティス器具はバレル以外、アメリカから直接取り寄せているのですが、バレルだけが日本製です。

なぜ、バレルだけ日本製にしているかと言いますと、特殊な形をしているのでアメリカ製だと日本人の骨格に合わない可能性があるからです。

 

しかし、良い器具が揃っていても、その方に合った器具を選択する能力、その器具を活かし指導できる能力が必要です。

以前紹介したリフォーマーという器具がピラティス器具の中でも最も万能だと思いますが、やはりその方の姿勢や動きのクセに合わせて器具を使い分ける必要があります。

 

BEFORTにも様々な器具が置いてありますが、その中でもバレルは「猫背改善」に非常に効果的です。

一回のパーソナルトレーニングでほとんどの方の猫背を改善させることができます。

整体などとは違い、続けていけばカラダがその姿勢を記憶してくれるので、「その日だけ良くなった」というようなこともありません。

もちろん猫背にも色々なパターンがあるので、「猫背改善=バレル使用」ではありません。

 

最近は器具が充実している施設が増えてきましたが、ほとんどのトレーナーはマニュアル通りの指導しかできていません。

カラダはマニュアル通りで変えられるものではありません。

良い器具があってもトレーナーの能力が低ければカラダは変わらないんです。

僕は絶対にマニュアル通りの指導はしませんので、他のスタジオとの違いを比較していただければと思います。