女性専門ピラティススタジオ

ブログ

2016.10.29

悪い姿勢は見た目だけの問題ではありません

こんにちは。

神戸三宮のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオBEFORT(ビフォート)の鶴田です。

 

ずっと若々しくいたいというのは、多くの女性が望むことです。

いくらオシャレな服を着ていても痩せていて細くても、猫背などで姿勢が悪いと見た目も老けて見え、美しさも台無しです。

ある会社がおこなった調査によると、20〜50代の女性の約9割が「猫背の女性は実年齢より老けて見える」と回答したそうです。

 

多くの女性が姿勢が悪いことによる見た目の悪影響を理解しています。

しかし、姿勢が悪いことはただ見た目だけの問題で済むのでしょうか?

 

姿勢は見た目だけの問題ではなく、健康の維持にも強く影響します。

悪い姿勢をとっていることは、特定の筋肉だけがカラダを支えて、緊張したままで姿勢を維持している状態です。

つまり、カラダの一部に対して特に負荷をかけることになります。

そのため、肩こりや腰痛などが発生する原因になり、立ったり座ったりするだけでも、カラダは疲れやすくなります。

さらに肩こりや腰痛などがあると、筋肉は緊張したままの状態が続くので、ベッドに入っても寝付くことができず、熟睡できなかったり、不眠症を引き起こすなど、睡眠障害を招くことがあります。

その結果、睡眠の質が悪くなりさらに疲労が溜まってしまいます。

 

そして、悪い姿勢は、脚の血流にも影響を及ぼし、冷え性の原因の一つとなる可能性もあります。

血流は骨盤にある穴を通って、脚へと流れています。

骨盤が正しい位置にあり、この穴の向きが適切であれば血流もスムーズです。

しかし、骨盤が極端に傾いていると、通りにくくなると考えられています。

さらに姿勢が悪くなり内臓が下がると、ここを通っている血管や神経が圧迫される可能性もあります。

 

このように、姿勢が悪いとカラダに様々な悪影響を与える可能性があります。

悪い姿勢の悪影響は挙げだすとキリがなく、決して見た目だけの問題ではありません。

 

良い姿勢はいつからでも手に入れることができます。

今からでも遅くはありません。

正しい方法でトレーニングをして、あなたも誰もが羨む美しい姿勢を手に入れて、健康的な生活を送りましょう。

ページトップへ